こむら返りにお悩みですか?予防にオススメは足首回しとツボ押し!

足のトラブル

ごきげんよう、フィットネスセラピストの中野 ゆかです。

先日、こむら返りにお悩みの方から驚きのご報告がありました!
フットセラピーを知って足をさわるようになったら、こむら返りが激減したというのです!!
お悩みの方にとっては、こむら返りはつらいもの。少しでも解消のお役に立てて嬉しいです。

このご報告があったので、改めてこむら返りについて調べてみました。

 

こむら返りにお悩みですか?予防にオススメは足首回しとツボ押し!

 

よく耳にはするのですが、そもそも「こむら返り」とは何のことでしょうか。

こむらとは「腓」と漢字で書き、ふくらはぎのことです。解剖学的には、ふくらはぎのメインの筋肉は腓腹筋(ひふくきん)といいます。

つまりこむら返りとは、ふくらはぎが収縮してけいれんした状態のことです。

 

なぜ、起こる?こむら返りの原因とは

 

50歳以上になると、ほぼ全員が一生に一度は経験するというこむら返り。就寝中、特に明け方に起こることが多いようです。その原因が気になりますね。

次に、主な原因とされるものを挙げます。

 

  1. 筋肉疲労
    激しい運動や長時間の歩行などによるふくらはぎの疲れなど
  2. ミネラル不足
    筋肉の収縮を調整するミネラル(カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムなど)の不足
  3. 水分不足
  4. 冷え
    冷えによって血行不良になり、ふくらはぎも硬くなる
  5. 加齢
    筋力が低下し、筋肉疲労を起こしやすい
  6. 妊娠
  7. 内臓疾患、神経や筋肉の病気
    糖尿病・肝硬変・腎不全・心疾患・甲状腺疾患・パーキンソン病・下肢静脈瘤・腰椎の疾患など

 

思い当たることはありましたか?

意外なのは内臓疾患などの病気が関係していること。1~6の項目に当てはまらない場合、7の病気によるものかも知れません。医師の診断を受け、適切な治療が必要です。

 

就寝中の明け方は、

  • 就寝中の汗で水分とともにミネラルが体外に出てしまう
  • 明け方は気温が下がり、体温が下がってふくらはぎが冷える

ということが考えられるので、こむら返りを起こしやすくなります。

また、水分をあまりとらずに身体も冷える冬は、こむら返りを起こしやすい季節といえますね。

 

なったらどうする?こむら返りの対処法とは

 

起こりやすい就寝中のこむら返り、なってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

こむら返りはふくらはぎが収縮した状態なので、伸ばすこと、ストレッチが有効です。ただし、急に無理やり伸ばしてしまうと、肉離れなどのケガにつながる場合もあるので注意しましょう。

 

様子を見ながらふくらはぎのストレッチを行う

  1. 足首を曲げてみる
  2. かかとを押し出すようにする
  3. 足先を持ってすねに向けて反らせる
  4. 痛みが落ち着いたら軽くマッサージする

他に、次のようなやり方でも可能です

  • 壁に足裏をつけて壁を押す
  • タオルを足裏にひっかけ、すねに向けて反らせる

 

 

どうやって防ぐ?こむら返りの予防法とは

 

就寝中のこむら返りは痛いだけでなく、睡眠の妨げにもなってしまいます。できれば起こしたくないものですね。
では、その予防法をご紹介します。

 

就寝前に取り入れたいこと

  1. 水分とミネラルを補う(ミネラルウォーターなど)
  2. ふくらはぎのマッサージやストレッチを行う
  3. ふくらはぎを冷やさない工夫(レッグウォーマーなど)
  4. こむら返り予防のツボの刺激(ふくらはぎにある「承山」「承筋」)
  5. 足首回しを行う(ふくらはぎが動き、冷えの改善にもつながるのでオススメ!)

 

 

 

承山(しょうざん)・・・ふくらはぎが盛り上がるすぐ手前あたり
承筋(しょうきん)・・・ふくらはぎが一番盛り上がったあたり

 

また、普段の生活で気をつけたいこともご紹介します。

 

普段の生活で取り入れたいこと

  1. 適度な運動で筋力をつける
  2. ミネラルが摂取できる物を食べる(ナッツ類・魚介類・海藻類・豆類など)
  3. 冷えの改善

 

原因にも挙げたこむら返りを起こしやすい病気もありますので、健康には十分に気を付けることが大切ですね。

頻繁にこむら返りを起こす場合は、運動や食事などの生活を見直すサインかも知れません!

 

この記事を書くきっかけとなったのは「フットセラピーでこむら返りが減った」というご報告ですが、もう少し補足します。
月に一度の開催をしている「季節の身体セルフケア講座」で、冬の身体に養生するためのフットセラピーをご紹介しました。講座に参加後は毎日足を気にかけ、さわるようになったらこむら返りが減ったと1ヵ月後の講座で報告してくださったのです。

こむら返りにお悩みだとは聞いていなかったため、こむら返り予防のツボはご紹介していませんでした。それでも、ふくらはぎをさわったり、足首を回したりして足からの温活が功をそうしたようですね。

つらいこむら返りにお悩みのあなたにも、この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

お問い合わせはこちらからお気軽に♬

ゆる*リラのホームはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ運営者紹介
中野 ゆか

愛知県豊田市在住
フィットネスセラピスト

タイ式ヨガで、ボールエクササイズで、コンディショニングで、フィットネスに東洋医学の知恵をプラス!

季節に合わせたセルフケアレッスンが、身体の中からも外からもあなたの「キレイでしなやかな身体づくり」をサポートします♪

自宅の小さなおうちヨガスタジオ・ゆる*リラにて、パーソナル&少人数レッスンを開催中です。

中野 ゆかをフォローする

お友だちに登録をお願いします!
「レッスンのおさらい」「季節の身体ケア」など、情報をお届けします!
友だち追加

足のトラブル
豊田市 キレイでしなやかな身体をつくるセルフケアレッスン

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました