小さなスタジオで行う癒しのコンディショニングレッスン♬

orientalmedicin東洋医学の知恵
東洋医学の知恵

東洋医学の知恵で身体を整えよう!東洋医学の基本~その1

東洋医学の知恵

まもなくGWになりますね♪もう、計画は立てていますか?
あなたの「キレイで楽に動ける身体づくり」をサポート!
ゆる*リラです。

私のレッスンに欠かせないもののひとつ、それは東洋医学の知恵です。
ツボ押しなどをタイ式ヨガのポーズやコンディショニングにも取り入れて、体調を整えることに役立てています。
「こんなトラブルにはこのツボを刺激しましょう!」とオススメをしているのですが、今回は東洋医学について簡単に整理してみたいと思います。

東洋医学の知恵で身体を整えよう!東洋医学の基本~その1

東洋医学の歴史

「中医学」や「中国伝統医学」ともいわれ、中国を起源とする東洋医学の始まりはいつ頃なのか、調べてみました。
中国最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」が、今から2000年以上前の紀元前に存在していたそうです。調べた中には3000年の歴史としたものもありましたが、とにかく「大昔から伝わる医学」ということでした。
日本には5世紀~6世紀ごろに朝鮮半島を経由して伝わったそうなので、日本でも1500年ほどの歴史がありますよ。

東洋医学の理論

長い歴史に培われた東洋医学には、そのベースに陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)という考え方があります。これは陰陽論五行論という二つの理論が組み合わさったものです。

陰陽論
宇宙のありとあらゆる事物を様々な観点からの二つのカテゴリに分類する思想
引用元:Wikipedia

簡単に例えるなら、「日が当たる陽があれば、日が当たらない陰もある」「表があれば、裏もある」「男がいれば、女もいる」と、物事は対になっているということですね。

五行論
万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説
5種類の元素は互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する
引用元:Wikipedia

季節も人間の臓器も5種類の元素に分かれます。東洋医学ではとても重要なポイントなのでご紹介します

季節・・・春・夏・夏の土用・秋・冬
(夏の土用とは、梅雨明け頃から立秋までの18日間ほどで、一年で一番暑いとされる時期のことです)

五臓・・・肝・心・脾・肺・腎
(心臓を包む袋「心包」を加えた六臓とすることがあり、私は六臓でお伝えしています)

この五臓(六臓)には、対になる六腑があります。
六腑・・・胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦
(三焦とは、内臓を上焦(みぞおちより上部)・中焦(上腹部)・下焦(おへそより下部)の三つに分け、それを合わせたものをさします)

※東洋医学でいう五臓六腑(六臓六腑)は、現代医学の概念とは異なります。解剖学的にみた臓器だけをさすのではなく、臓器の機能とその作用全般も含め、広い意味で捉えています。

季節は五つの季節・五季となり、五臓六腑(六臓六腑)もその五季に分かれ、それぞれに影響しあっています。

  • 木・・・春 肝・胆
  • 火・・・夏 心・心包・小腸・三焦
  • 土・・・夏の土用 脾・胃
  • 金・・・秋 肺・大腸
  • 水・・・冬 腎・膀胱

 

 

私はレッスンの中で「春の内臓は・・・」などと季節に合わせた身体のケアをお伝えしていますが、これを基にしています。

人間と自然界は一体であるというのが東洋医学の根底にある考え方です。身体が本来もっている自然治癒力を高め、抵抗力や免疫力を引き出して治療し、病気の予防や健康維持などにも役立てる!ということですね。

その1はここまでとし、東洋医学の知恵で身体を整えるために有効なツボのことなどは、その2でご紹介しますね♪

⇒おうちスタジオ ゆる*リラについて

お問い合わせもお気軽に♪お問い合わせはこちら

Category : 東洋医学の知恵

レッスンのお知らせや情報を配信します!
お友だちになっていただければ嬉しいです♪
友だち追加

ゆる*リラ

愛知県豊田市在住のフィットネスインストラクター・ゆる*リラです。
自宅に【おうちスタジオ ゆる*リラ】を開き、豊田市を中心に活動中。
タイ式ヨガ・ルーシーダットンやJSAボールエクササイズなど、身体を整えるコンディショニングプログラムをお伝えしています。
→プロフィールはこちら

コメントを残す





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。